FC2ブログ

ラプラプ王 ~フィリピン偉人列伝(2)~


こんにちは!セブオフィスの田中です。

本日はフィリピン偉人列伝の第2弾をお届けします。

マゼラン

いまを遡る事500年。時は大航海時代の真っ只中。
数多の男たちが富と名声を求めて未開の地へと旅立ちました。

その中にあって、かのコロンブスと双璧をなす冒険家がいます。

それは、前人未到の「西回り」(スペインから南米大陸南端、後のマゼラン海峡を経由し東南アジアを抜けるルート)を確立したフェルディナンド・マゼランです。


マゼラン上陸


当時、祖国ポルトガル王に見捨てられる形になった下級貴族のマゼランは、
一縷の望みをもって隣国スペイン王に拝謁。
必死の懇願で航海の協力を取り付けた彼は、
史上初の西回り航路で香料諸島(現在のインドネシア)を目指しました。

しかし、当てのない航海を続けることは死を意味した時代にあって、
前人未到のこの航路は熾烈を極めました。

繰り返される船員の反乱や逃亡に耐えに耐え、
後のマゼラン海峡(南アメリカ南端)を発見、通過し、
満身創痍でフィリピンに上陸したのです。


キリスト教の布教と大量の香辛料(当時、銀と同価値)をスペインへの手土産にすべく、艦砲射撃や火縄式銃器といった圧倒的な火力を背景にセブ島周辺の部族長達を次々と恫喝。

降伏か滅亡か。
そんな二者択一を迫られるフィリピンの部族長達は、突如現れた西洋人の前にただただひれ伏すしかありません。

マゼランはここセブで傍若無人の侵略者となってしまいました。


しかし、時同じくして、同胞の危機に一人立ち上がった男がいます。
その男こそセブの隣に浮かぶ島、マクタンの覇者ラプラプその人です。

lupulupu.jpg



両雄激突


降伏勧告を無視し徹底交戦を唱えたラプラプに対して、
マゼランはマクタン島の村を丸ごと焼き払うなどし、両者の緊張関係はピークに達します。

火力に勝るマゼランは、所詮は野蛮な一部族とラプラプを侮る一方、
怒りに震えるマクタン島民を率いたラプラプは冷静に情報戦を展開します。

マゼランに挑発的行動を取りつつも、彼はセブ島の協力者を通じて慎重にマゼラン軍の兵力を分析。
その主戦力が帆船からの艦砲射撃に加え、水に弱い火縄銃であることを確認したラプラプは、広大な珊瑚礁が広がる浅瀬の海岸線を主戦場に選択。

そして、内通者をしてマゼランにラプラプ討伐を決行させ、
予定通りにマゼランを浅瀬へと誘い込んだのです。

ラプラプの計算、そしてマゼランの誤算――。

それはマクタン島広域に生じる引き潮でした。

はからずも珊瑚礁に足を捕られたマゼランの帆船は突如、航行不能に陥り、
彼らはやむなくボートで浅瀬を渡り、上陸を試みます。

マゼランの視線の先にあるもの。

それは晴れ渡る青い空に突き抜けるような白い雲、
そしてエメラルドグリーンに浮かぶ新緑の森。
潮風だけがこだまする、まさにこの世の楽園が待っていたのです。

しかし、その美しさについ心を許した次の瞬間、
彼らの目に映ったものは、怒りに震え突進してくる無数のラプラプ兵でした、、、。

浅瀬での戦闘に不慣れなマゼラン兵を尻目に、ラプラプはこの白兵戦でマゼランを圧倒!
1時間の激闘の末、フィリピンを震え上がらせたマゼランはついにその生涯を閉じました。

このラプラプの勝利は広くフィリピンで語り継がれ、
彼は国民的英雄として今なお敬愛の的となっています。

マクタン島にあるラプラプシティは、言うまでもなくこの英雄の名を冠したものとなっています。



mactan.png



かの激戦地マクタンシュラインにあるマゼランの墓標。
そこに刻まれた碑文にはこう記されています。

「1521年4月27日、ラプラプはマゼランを討ち取った。彼はスペインからの侵略者を退けた初めてのフィリピン人である」

奮戦むなしく、その後337年にわたりスペインの支配下に置かれ、
言語、宗教、文化、その全てが根本的に変容してしまったフィリピンですが、

この戦いの記憶を後世に残し英雄として語り継いでいるという事実こそ、
フィリピン人の矜持をいまも如実に示していると思います。

リンゲージスピークはここセブからお届けしているわけですが、
同じアジア圏でも文化はかなり異なります。

その違いがどこから生まれたのか?
答えはどうやら歴史の中にありそうです。

人に歴史あり、といいますが、当然、国にも歴史あり。
その国を知ることは、その国の人々を知ることにも通じます。

フィリピンに限らず、興味のある国があれば、まずその成り立ちに目を向けてもいいかもしれませんね。





無料体験のお申し込みはこちら↓
https://www.linguage.jp/ls/member/trial/

法人契約割引等のお問い合わせはこちら↓
https://www.linguage.jp/ls/member/contact/index.php

コメント

フィリピンの英雄ラプラプですね

フィリピンの英雄のラプラプですね。
この前ウィキペディアでラプラプのことを知りました。
非公開コメント

記事の種類

訪問者数

全記事

全タイトルを表示

コメント

フィリピンの英雄のラプラプですね。
この前ウィキペディアでラプラプのことを知りました。

09/10 17:43 台湾人

ブログランキング