FC2ブログ

東京2020オリンピック・パラリンピックへ向けて

こんにちは!YUです。

セブに来てすでに半年が過ぎ東京オリンピック・パラリンピックまではあと1年を切りました!!

私自身、日本で開催される初めての夏季オリンピック。もちろん楽しみであり、成功するのか?という不安もありと、まあ2020年最大イベントの1つであることは間違いないでしょう。

たった今、冬季の長野オリンピックは体験していることを思い出しました(笑)。テレビで見ていただけですが、日の丸飛行隊(スキージャンプ団体)の活躍と原田選手の号泣インタビューは確かに覚えています。今回も人々に語り継がれるシーンが生まれると嬉しいですね。

それ以外に注目なのはやはり最先端テクノロジー!日本の掲げるスローガンは

“Innovation for Everyone 2020 ~全ての人が主役になれる社会づくりへ~”

詳細は外部リンク(内閣府HP): https://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/olyparatf/sassi/index.html

中でもホスピタリティ(Hospitality: おもてなし)が第1プロジェクトにあげられています。将来の日本におけるインバウンドや海外からの労働力の重要性がこれからも窺(うかが)えますね。

その中で私が着目するのは“多言語音声翻訳システム”。超高速の移動体通信である“5G”の普及が本格化するタイミングなので、これによってどれだけ自動翻訳が変わるのか…

ただ私個人の意見として、日本語と英語では文法の順番が異なるので、いくら遅延が減っても本当のリアルタイム翻訳(ドラえもんのほんやくコンニャク)は実現できないのでは?テンポが悪いと、ボケにツッコみが遅れて面白さ半減。スタッフに何か聞いても中々返ってこない。クレーマーはレスポンスを待たされイライラ。

英会話のテンポはコミュニケーションにおいて極めて重要だと、今まさに実感しているからこそ断言できます。

東京オリンピックの開催や訪日ビザの大幅な緩和などで、日本を訪れる外国人は年々増えています。それにより、訪日外国人客に英語で道案内を頼まれたり、飲食店でメニューを尋ねられたりと、訪日外国人をおもてなす機会が多くなったと聞きます。
リンゲージスピークの「おもてなし英会話® 入門!」は、このような英語での対応力を求められたときに、いつでもコミュニケーションが取れるよう、日本へ訪れた外国人が遭遇した体験をもとに開発。
難しい英語の文法などの知識は一切必要なく、日本に訪れた外国人観光客とのコミュニケーションに役立つカリキュラムをはじめ、レストランやホテルなどの職種別のカリキュラムがそろっているので、ご自身の目的や職業に合せてすぐに使える接客英語を学ぶことができます。


リンゲージスピークの「おもてなし英会話®入門!」

まずはこちらより無料体験レッスンをご利用ください!

リンゲージスピーク_おもてなし英会話_TOP


- YU -

記事の種類

訪問者数

全記事

全タイトルを表示

コメント

フィリピンの英雄のラプラプですね。
この前ウィキペディアでラプラプのことを知りました。

09/10 17:43 台湾人

ブログランキング