FC2ブログ

Mr. Hara ワンポイント英会話#6

こんにちは。

セブオフィスの廣井です。

さて、
みなさんお待ちかね、「Mr. Haraのワンポイント英会話」の時間です。

english lessons

レッスン6の今日はセブオフィスからの風景を受身の文章を使って紹介します。


受身の文章、、、
習ったのはいいけれどいつ使えばいいのかよく分からない!
という方も多いのではないのでしょうか。


まずはこちらの動画をご覧下さい!
(動画の右下をクリックすると字幕つきでみることができます)

Mr.haraのワンポイント英会話#6はここをクリック!



では、ポイントをおさらい。

受身の文章を使うのは、
1.内容に客観性をもたせるとき
2.行為そのものを強調するとき
3.行為が誰によって行われたかわからないとき



いかがでしたか?

みなさんもこれらのポイントを押さえて
受身の文章を使いこなしてくださいね!

Mr. Haraの ワンポイント英会話#5 ( Mr. Hara Goes to Cebu!)

こんにちは!セブオフィスの田中です。

今回は、セブに出張した【Mr. Haraの ワンポイント英会話#5】をお届けします!
紹介する動画の中で、Mr. Haraが日本の空港からセブ市内の渋滞状況をレポートしてくれています。セブのリアルな日常が垣間見れる結構貴重な動画ですよ~。



まずはこちらをご覧下さい♪
(画面右下のYoutubeのロゴを押すと別タブで動画が開きます。英語字幕あり。)




動画では、空港に向かう為の電車に乗るところから、空港、機内からの空の風景、そして実際のセブ市内の渋滞の様子がリポートされています。よくある日常風景ですが、「あ、英語ではこう言うんだなー」という発見が多く、とてもためになります。

どうしても難しい内容に目が行きがちですが、こういう日常をしっかり表現できる方がよほど英会話マスターへの近道なんじゃないかな、と思います。


<重要表現>

「渋滞」を表す表現集

traffic jam  :  ex) There is a traffic jam all the time in central part of the city.
clogged up  :  ex) All the cars are clogged up.
vehicle congestion  :  ex) vehicle congestion information reading system (車両混雑情報閲覧システム)
heavy traffic  :  ex) We took a detour to avoid the heavy traffic. (detour:回り道)
bumper to bumper  :  ex) The traffic is bumper to bumper.


この動画ではMr. Haraがビデオ片手に英語でリポートをしてくれていますが、
これは日本国内にいる皆さんの英語学習にとって、大きなヒントになると思いましたのでその話を少し。

よく、日本で英語を学ぶのは難しいといわれます。

たしかに、日本は英語圏ではありませんし、英会話がどこでも可能かと言われれば、必ずしも簡単にはいきません。
しかし、少なからず日本国内だけで英語をものにした人々がいるのもまた事実。

僕はよく、留学せずに国内だけで英会話を会得したと言われる方々の本を読むのですが、そういった方々の多くが日々実践していた方法の一つに

日常の風景をひたすら英語にして実況中継する

というものがありました。

誰に聞かせるわけでなく、ただ「黄色い車が自分の目の前を通り過ぎた」とか、「主婦がお肉に半額シールを張られるのを待っている」とか、そういう内容をただただ英語でつぶやき続けるんだそうです。

ちょっと寂しいやり方ですが、多くの成功者が効果を体感した方法ですので試してみる価値は大いにあると思います。
そして、その成果をぜひリンゲージスピークの授業で発揮してください!




無料体験のお申し込みはこちら↓
https://www.linguage.jp/ls/member/trial/

法人契約割引等のお問い合わせはこちら↓
https://www.linguage.jp/ls/member/contact/index.php

Mr. Haraの ワンポイント英会話#4 

こんにちは!セブオフィスの田中です。
本日は皆さんお待ちかね、Mr.Haraのワンポイント英会話第4弾をお送りします。


実際の英会話において意外と難しいのが、「単数形と複数形、現在形と過去形」の使い分け。

「そんなの簡単だよ」と思ったそこのあなた。
目で見れば簡単とも思えるその使い分けですが、
とっさの会話でそれを正しく使い分けるのは案外難しいものです。

今回の動画では、そんな皆様のためのレッスン参加型動画となっています。

是非、この動画レッスンに挑戦してご自身のスキルアップに役立てて下さい!



※動画中の英語音声には英語字幕をつけることも可能です。
動画右下の歯車のマーク(設定)から「字幕」→「英語」を選択してください。



いかがでしたか?
一見簡単に思えたとしても、とっさの会話ではなかなか難しいと感じる方は多いのではないでしょうか?
Mr.Haraが言うように、短い文でも正確に伝えるには練習が必要です。
英会話の瞬発力をつけるためにも、皆さんなりの工夫を加えて少しづつ練習を続けてくださいね!




<聴き取りのポイント>

さて、最後にこの動画での聴き取りのポイントを少し。

1. direct
2. size

どちらも、「ダイレクト」、「サイズ」として日常よく聞く言葉ですよね。
でもこの二つの単語。
英語の発音をカタカナで表記してみると、それぞれ

1 ディレクトゥ.
2. サァーィズ

となり、普段聞いている音とはだいぶ違うな、と思います。



英単語の聴き取りが難しくなる原因の一つに、

自分の想像していた音と実際の音が違う

というものがあります。

今回のケースがまさにそうで、
directの音を「ダイレクト」だと思いこんでいると、このdirectを聴き取ることがとても難しくなってしまいます。
ですから、単語レベルで発音に気を配ることも、地味ながら大切なことです。


リンゲージスピークはスカイプでの授業の前に必ず予習が必要ですが、
その際、発音にも気を配れるようになったら素晴らしいですね。

「こんな簡単な単語なのに、こんな発音だったことすら知らなかった、、、。」

こういう気付きの繰り返しこそがリスニング上達の第一歩だと思います。
そして是非、それをリンゲージでの授業に活かしてもらえると嬉しいです。





無料体験のお申し込みはこちら↓
https://www.linguage.jp/ls/member/trial/

法人契約割引等のお問い合わせはこちら↓
https://www.linguage.jp/ls/member/contact/index.php

Mr. Haraのワンポイント英会話"As you know"


こんにちは、セブ島の夏目です。

今日は皆様お待ちかね、Mr. Haraの英会話レッスン第3弾です!

english lessons



今回の動画は、会話でよく用いられる表現、



As you know, ~~
(As you can see)
知っての通り、~~




の使い方についてです。

ちなみに、動画の中では



As many of you know already, ~~~
多くの人が既に知っていることだが、~~~

As you can see,~~~
ご覧の通り、~~~




などの応用表現も合わせて紹介しています。




Mr. Haraは日本語と英語を巧みにスイッチしながら話をしてくださるので、

英語の内容も自然に理解することができますね。

英語がうまく聞き取れない!という方は、動画の右下にある設定から英語字幕をみることもできますので、

そちらを確認しながら動画を楽しんでください。



******単語、熟語********

pass away  亡くなる、逝く
hilarious  大変陽気な、とても楽しい
extraordinarily  並外れて
halt  立ち止まる

*******************


ちなみに、

英語に慣れてきたら、海外ドラマやハリウッド映画などを英語音声、英語字幕でみてみるのも個人的にオススメです。

日本語に頼らず、英語から情報を得ることに慣れれば、英語をより身近に感じられるようになりますよ。

ぜひ一度お試しください!



それではみなさん、

Nanu Nanu.

Mr. Haraのワンポイント英会話"run out"

こんにちは!

セブオフィスの夏目です。

皆様お待たせしました、Mr. Haraのゆるふわワンポイント英会話レッスン第二弾です。

english lessons



今回はrun out、「使い果たす」 というイディオムをご紹介しています。

run outは、息が切れる、お金を使い果たす、我慢の限界など、さまざまな表現に用いることができます。

英会話のときに重宝しそうな表現ですね。



Mr.haraが話す英語の中で、引っかかりそうな表現、覚えておくと使えそうな表現を下記にまとめました。

Mr.Haraはネイティブ英語を話されていますので、これらの表現はネイティブの方々にも自然に理解してもらえます。


~動画中の役立つ表現~


will be taking 予定を表す表現。動画の中では、「これからオフィスにいくために電車に乗るよ」というように用いられている。

in the beginning はじめに。 話の導入などで用いられる。

commute 通勤する、移動する。

I was not running nor was I clinbing the hill 私は走っていたわけでも、丘を登っていたわけでもない

I didn't realize until I watched myself on a video 私は、ビデオで自分自身をみるまで気がつかなかった

take up~ 一旦中断していたことを再開する

one thing (is) for sure これだけははっきり言える。

sign off 放送終了、消えます。


などなど。


動画を見ていたら、なんだか英語を勉強したくなってきたぞ・・・!!という方へ



日本語と英語を自在に操るMr.Haraの動画を見ていると、なんだか自分も同じように英語を話せるような気がしてきてしまうから不思議です。



「なんか、今なら英語の勉強をはじめられそうだ」


僕と同じようにMr.Haraの動画に魅せられ、英語を勉強するモチベーションがふつふつと沸いてきた方へ、朗報です。

今、リンゲージスピークのオンライン英会話レッスンを、なんと2回まで無料でお受けいただくことができちゃいます。

無料体験レッスン2回


思い立ったが吉日。

無料体験レッスンをキッカケに、今まで手を付けられずにいた英語学習を始めませんか?

未来ある皆様のご予約、お待ちしております!



それではまた☆

記事の種類

訪問者数

全記事

全タイトルを表示

コメント

フィリピンの英雄のラプラプですね。
この前ウィキペディアでラプラプのことを知りました。

09/10 17:43 台湾人

ブログランキング