FC2ブログ

Coming soon! 『毎日シャドーイング!』

リン子です:)


今日は来月から配信開始となります、

毎日シャドーイング!のご紹介をさせていただきます!


スピーキング力を上達させるために大切なのは毎日コツコツと練習を続けることです。

でも毎日リンゲージスピークのレッスンを受ける時間はなかなかない…。

そう思っている皆様に朗報です!


この度、リンゲージスピークでは毎日スピーキングのトレーニングができる

コンテンツをお届けすることが決まりました!ハ(^▽^*) パチパチ♪


このコンテンツを配信すること決意した理由はいたってシンプルで、

5分前後の動画で一緒にトレーニングを毎日することによって英語を体にしみこませていき、

実際に講師陣とレッスンをする際にスムーズなコミュニケーションを取るための

手助け材料にしていただければと思ったからです。


25分のレッスンだけではまだまだ物足りないと思っている方や、

もっともっと英語を上達させたいと思っている皆様に是非

活用していただければと思っております。


そして、このシャドーイング動画を

から毎日配信してくれるのがMikoさんです!


Linguage Speak presents,

毎日シャドーイング!乞うご期待ください!


フィリピン人と日本人が間違えやすい英語での答え方

こんにちは。

セブオフィスの廣井です。


さて、今日はフィリピン人と日本人が間違いやすい英語の受け答えを発見したので紹介します。


それは定疑問文に対する答え方です。


例えば、友人との集まりがあるけど今日は気が乗らないとします。

そんなとき友人に
"Aren't you coming with us?"
(私達と一緒に来ないの?)
と聞かれたとしましょう。

さて、
今日は行きたくないので"yes"と答えますか、それとも"No"ですか。








答えは"No"ですよね。

英語だと「来ないのか」と聞かれて、一緒に行かないのであれば「いいえ(No)」の否定で答えます。


日本語だと「私達と一緒にこないの?」と聞かれて「うん。(yes)」だと
「来ない」という意味になりますよね。

逆に「いいえ(No)」だと「いや、行くよ!」という意味になってしまいます。


もし上記の例文
"Aren't you coming with us?"に対して
「行かない」ということを日本語感覚で'yes'と答えてしまうと友達はあなたが来ることを期待して
待ち続けられちゃいますのでご注意を。



さて、フィリピンの言葉ではどうでしょう。

実はフィリピンの言葉も日本語と同じで
「来ないのか」と聞かれて「行かない」のであれば「はい(Yes)」と答えるそうです。

だから英語を使うときも日本人と同じように否定疑問文の受け答え方で
混乱してしまうことが多いのだとか。


先日もフィリピン人との英語でのやりとりで
どっち?と混乱したときがありました。

APECの影響で交通規制があることを知らずに私はジプニーをAPECの会場近くで待っていたのですが、
全く来る気配がなかったので、もしや今日はジプニーなし!?思い、近くにいたAPECスタッフに

'No jeepney today?'
(今日ジプニーなし?)

と聞いたところ
"Yes, ma'am."
(あります)
と返ってきました。

しかし、私以外にジプニーを待っている人はいないので、
おそらく「ジプニーはない」という意味なのかなと思い、

"Is it because of APEC?"
(それって《ジプニーがないのは》APECの影響?)

と確認の意味も含めてきいてみたところ
"yes, ma'am."
(そうです)
とのこと。

もし、ジプニーがあるという意味で最初の質問に"yes"と答えていたとしたら、
2つ目質問は(ジプニーがあるのはAPECの影響か?)というわけのわからない意味になるので
どういうことかと聞き返してきたはずですよね。
(彼が'Yes, ma'am'しか言わないYes manだというのなら話はべつですが)

後日、講師たちからAPECの影響でジプニーがないという話をきいて
やはりジプニーはないという意味の"Yes"だったのかと確信しました。


ちなみそのジプニーがなかった日は仕方がないので
禁止されているモーターサイクル、、、
ではもちろんなく、大人しくタクシーを使いましたよ!


さて、フィリピン人と日本人が間違えやすい疑問文の答え方について紹介しましたが
いかがでしたでしょうか。
ブログを書いた私自身がなんだか混乱してきてしまいました。

それではまた次回。

スタッフの卒業~彼らが残してくれた英語力向上の秘訣~

こんにちは!セブオフィスの田中です。

先日、半年間に渡りこのリンゲージブログを更新し続けてくれた大学院生の夏目君と、リンゲージスピークを黎明期から支え続けてくれた大先輩(2年で世界一周を成し遂げた当社のカリスマ)が、この度、晴れてセブオフィスを卒業されました。

毎日、皆さんと一緒に授業を頑張っているリンゲージの先生たちも、彼らの笑顔や励ましに何度救われたことか、、、。この二人の存在なくして、リンゲージスピークのここまでの躍進はなかったでしょう!

この二人の共通点は、とにかく冗談が大好きで、よくしゃべります。
オフィスの先生たちとも毎日談笑していました。
お見せできないのが残念ですが、本当にもうペラペラです。
もちろんネイティブやバイリンガルと比べれば、美しく、完璧な英語ではないかもしれません。
けれど、そんなことを気にする人は実は一人もいないんです。


デタラメでもいい。とにかくしゃべってみる。


彼らははじめから英語が話せた訳ではありません。
それはこのブログでも夏目君自ら語ってくれています。
でも彼らは今、外国人と堂々と意思の疎通ができています。

その秘訣は、とにかくしゃべる、これに尽きると思います。

リンゲージスピークをはじめたばかりの方は、スカイプ上とはいえ、普段あまり使うことのない英語の使用に戸惑うことも多いでしょう。頭が真っ白になることだってあるはずです。
でも、それはごくごく普通のことだと思います。

はじめて補助輪のない自転車に乗った日のことを思い出してください。
ハンドルはガクガク震え、転倒の恐怖にペダルも上手くこげません。
でも、それを笑う人がいるでしょうか? ――英語もそれと同じです。

英会話の経験が少ない人がいきなり上手にしゃべれるわけがありませんし、それは全く恥ずかしいことではありません。

みんなだんだん上手になっていくんです。
はじめは単語だけでもいい、めちゃくちゃでもいいと思います。
完璧に答えないと先生に笑われちゃうかな、なんて心配もしなくていいです。
むしろ、先生方はあなたの間違いを大歓迎します。
なぜなら、間違えた分だけ、それはあなたの成長の伸びしろを意味するのですから。
間違えて、直して、間違えて、直して、間違えて、、、。
この繰り返しで英語は上達していくのだと思います。

そして、毎回の授業では自分なりの課題をもって臨んでもらうとさらに効果的です。
初心者の方も中上級者の方も、授業前には必ずしっかり事前学習を行って、
毎回、「これを試すぞ!」「ここはものにする!」と目的意識を持った上でしゃべりまくってください。

はっきり言って、これに勝る学習法は他にないかもしれません。
それは、前述の彼らが身を持って証明してくれました。
そして、そのための完璧な環境がこのリンゲージスピークには用意されています。

もしあなたがより早く、いち早く英語をものにしたいと思うなら、
私達はいつでもあなたの一歩をお待ちしています!!

1222.jpg
写真は、左からClavel講師、Maricel講師、Bevz講師、Neri講師、Leih講師です。


無料体験のお申し込みはこちら↓
https://www.linguage.jp/ls/member/trial/

法人契約割引等のお問い合わせはこちら↓
https://www.linguage.jp/ls/member/contact/index.php

死ぬまでにやりたい100のことを英語で書いてみよう

こんにちは!セブオフィスの夏目です。

皆さんは、


死ぬまでにこれだけはやりたい!


ということはありますか?



昔、僕が将来やりたいことを見つけられず燻っていたころ、ある方からこんなアドバイスをいただきました。




やりたいことを100個あげて、リスト化しなさい。
100個あげれば、自分の考えていることがなんとなくわかってくるから。





なるほど!と思いながら結局僕はそれをしなかったのですが、(笑)、ふと



「これを英語でやってみたら、ちょうどいい練習になるかもしれない」



と思いました。



~例~

1. I will travel around the world.
2. I will be a good English speaker.
3. I will marry someone before I reach 30.
4. I will ~



100個上げることで英語の練習にもなりますし、自分が本当にやりたかったことも見えてくるかもしれません。



多忙な日々を過ごすうち、自分のやりたいことがなんだったのか忘れてしまった。




という方は、
一度お試しください。



それではまた☆

TOEICはいつも時間切れ・・という方へ!リーディングの攻略法

TOEICのリーディングセクションは、その問題数の多さと時間の短さから、とにかく時間が足りません。
僕も以前受けたときは残り20問以上を残し時間切れとなってしまいました・・。


特に、Part.7の広告やメールなどから、問いに対する答えを見つけ出すのが難しい。
時間をかけて文頭から読めば答えを見つけることは可能ですが、のんびりしていたらすぐ時間切れになってしまいます。

すばやく答えを見つけ出す方法はないものか・・



という方へ!



今回はリンゲージスピークおすすめのリーディング勉強方法を、動画でご紹介いたします!





動画がこちら↓








こちらの動画では、リーディングの時間短縮にかかせない「スキミング」「スキャニング」の方法について詳しく説明しています。


スキミング・・文章の中で重要なところを重点的に読み、そこから本文を類推すること。
スキャニング・・文章の中で、必要な情報を探し出すこと。


要は、コンピュータのサーチエンジンになりきるようなイメージですね。




与えられたドキュメントの中から、必要な情報を短時間で把握する能力。

これは、実際のビジネスシーンでも非常に重要となるスキルです。



この動画を参考にして練習を重ね、「スキミング・スキャニング」をマスターしましょう!

その努力は必ず、TOEICのスコアアップ、ひいてはビジネスシーンでの活躍に繋がります!


それではまた☆

記事の種類

訪問者数

全記事

全タイトルを表示

コメント

フィリピンの英雄のラプラプですね。
この前ウィキペディアでラプラプのことを知りました。

09/10 17:43 台湾人

ブログランキング