FC2ブログ

オンラインビジネス英会話Linguage Speak

リンゲージスピークのセブ島支社から、さまざまな役立つ情報を発信します

カレンダー

コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒http://ky8uqsnu.blog.fc2.com/
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もし

09/21 05:56 きみき

フィリピンの英雄のラプラプですね。
この前ウィキペディアでラプラプのことを知りました。

09/10 17:43 台湾人

> カウサン滝というのは観光地ですか?民家は随分昔の日本(弥生時代)みたいにも見えますが、これは普通の建物ですか?フィリピンの若い皆様もいかれる観光スポットで

05/11 19:34 Linguage Speak

カウサン滝というのは観光地ですか?民家は随分昔の日本(弥生時代)みたいにも見えますが、これは普通の建物ですか?フィリピンの若い皆様もいかれる観光スポットですか?

05/07 04:10 小俣昌江

station は日本の山登りの●合目とかを意味するのでしょうか?おもしろい彫像がありますね。あと、あちこちの山に彫像があるのでしょうか?
それともたまたま、先生は山に

04/19 15:53 小俣昌江

何か特別なものを食べますか?と先生に質問したら、Binignitのホームページを示してくれました。私にはどのような味か想像できなかったのでこちらも先生方に質問してくださ

04/02 04:29 小俣昌江

> jeepney を今日のレッスンで教えてもらいました。こちらも紹介してください。
> タクシー代は安いと考えればよろしいのでしょうか?‏


コメントをいただきあ

04/01 11:05 Linguage Speak
セブオフィスのHideです。

こちらに長くいると、日本が恋しくなる事もあります。

ホームシックほどではなくても、ストレスやトラブルがきっかけの事や、理由もなく突然恋しくなることも・・・

海外に在住している人は皆大なり小なりあるんじゃないでしょうか?



皆それぞれ対処方法を持っていますが、私はそういう時は日本食を食べると気を紛らわすことができます。

一昔前と違い、今セブではいろいろなところで日本食を食べることができます。
日本人がやっている日本食から、中国、韓国の方や、フィリピンの方がやっている和食まで、
おいしいものから微妙なものまでいろいろとあります。ただ総じてお値段は高めになります。
また当然ですが夜中はほとんどやっていません(一部例外はありますが)

で・・・ふと夜中に急に日本が恋しくなった時や、日本食を食べに行くほどでもない時・・・・

自分には大きな味方がいます。




Y1.jpg

ヤクルトです!
正確には日本食ではありませんが日本発で日本と全く同じ味!


こっちはお店によって、バラで買うこともでき、だいたい1本9-12ペソです。

24時間やっているコンビニや薬局で購入できるので便利です!

Y2.jpg


ちなみにこちらの喫茶店などでは、アイスティー(フルーツティー)にヤクルトを混ぜて飲むメニューがあります。
すごくおいしいです。

いつか紹介するかも・・・・

ではまた
スポンサーサイト
先日、以前から気になっていた「カワサン滝」へ
オフィスの仲間に連れて行ってもらいました!

カワサン滝には世界中から多くの人が集まり、
セブの有名観光スポットとして人気を博しています。
以前当ブログ「マイナスイオンきっとたっぷり、-カワサン滝-」でも登場しました。

1日目、夜7時頃
セブ市内にあるバスターミナルより、出発。

売店で夕食(チキン、ライス、魚のすり身のてんぷら)を買い込み、
エアコン無しのバスに半ば押し込められる形で、
私たちの旅は幕を開けしました。

IMG_3372.jpg
(写真)バス車内でお菓子を売る男性。通称チチャロンマン。

凸凹道を爆走するバスに揺られること4時間。
油断するとたまに身体が宙を浮きます笑
全開の窓からは息ができないほどの風が入り、
終始ジェットコースターに乗っている気分でした。

運良くメンバーでかたまって座ることができましたが、座席は全席自由席。
写真のように席がなく立ってる乗客もいて、ゾッとしました。

途中、トイレと売店のある森(サービスエリア?)へ立ち寄り、
宿泊先のMelvie講師の親戚宅に到着したのは、11時過ぎ。

IMG_3375.jpg
(写真)宿泊先周辺。今にも恐竜が出てきそうな雰囲気。

深夜12時をまわる頃、ある不思議な出来事が、、、

寝る準備をしていると、突然、正体不明の声が聞こえてきました、、、
一瞬凍りつきましたが、その正体はなんと、屋根裏に潜むオオヤモリ。

古い言い伝えによれば、余所者が来た時に聴かせる歓迎の唄だと知り、
心が躍りました。また地域によっては鳴き声を7回連続で聞くと幸福が訪れ、
11回鳴く個体はダイヤモンドの瞳を持つ、という言い伝えもあるそうです(wiki調べ)。

2日目、翌朝。
早朝から魚や豚肉やごはんなどを大量に仕入れ、カワサン滝へGO!
人力車やジプニーを乗り継いだ後、しばらく川沿いの道を歩いて行くと、、、

IMG_3511.jpg
IMG_3405.jpg
IMG_3410.jpg
IMG_3413.jpg
IMG_3415.jpg
IMG_3416.jpg

、、、遂に!カワサン滝が現れました!

IMG_3418.jpg
(写真)ゴーゴーと音を上げる滝。

実際の音の迫力をお伝えできないのが残念!

IMG_3417.jpg
(写真)カワサン滝のすぐ隣にある、食事処。

持ち込みOKのこの食事処で、
まずは滝を見ながら、贅沢な朝ごはん。
オフィススタッフLovelyのお友達が早朝から仕込んでくれた、
ポークやガーリックシュリンプ、お魚をいただきました。

お酢にトマト、タマネギ、唐辛子、ガーリック、
カラマンシーを入れたお手製醤油だれが格別で、
炭火焼きポークとの相性もバッチリ!
フィリピンではこのタレが定番中の定番だそうです。

勿論食べ方もフィリピンスタイル。
以前ここでも紹介していた、ビニール手袋をはめて手でむさぼり食うスタイルです。

朝ごはんの後はいよいよ、
ライフジャケットを装着し、滝へダイブ!

最初はひんやりしましたが、
気持ち良くてつい子供のようにはしゃいでしまいました。

ご覧ください、このエメラルドグリーンの水、、、!

IMG_3495.jpg

思わず目を疑う美しさ。

IMG_3455.jpg
(写真)滝の裏側。ここまで泳いで行くのにはちょっぴり勇気が要りました。

IMG_3582.jpg
(写真)左から、オフィススタッフのMenchieとMelvie講師。皆写真が大好き。

十二分に滝つぼを満喫した後は、お昼過ぎに、
バイクバスで30分くらいのところにある「ランバグビーチ」へ移動。

海沿いを走っていたはずのバイクバスからいつの間にか海が姿を消し、
そのままゴルフ場の脇を抜けて行くと、、、

、、、そこにはまだ手つかずの楽園が待っていました。

IMG_3528.jpg
(写真)ランバグビーチの砂浜。

最高の天気、最高のロケーションに、身も心もリフレッシュ。

波も穏やかで、仰向けになってひたすらプカプカと浮いていました。
水は透き通っていて、ヒトデや魚を見つけることもできました。

お尻が痛くなったり吐きそうになったりで道中は大変でしたが、
観光客向けのツアーでは味わえないような旅は、一生の宝物になりました。

水先案内人を務めてくれたMelvie講師はじめ、スタッフの皆には心から感謝です!

以上、旅のリポートでした!ではまた。NORI

セブオフィスのHideです。

フィリピン.人の友達がジェネラルマネージャー(最高責任者)になったというので、

お祝いにあるリゾートホテルに行ってきました。

見た目はいいですね!!

ただ・・・・・・実は今回泊まってはいません

R01.jpg

よく見ると真ん中で人が作業しています・・・

だって・・・・・








R02.jpg

バリバリ建設中です!

泊まる場所すらありません!.

右側のコンクリートのところがプールになる予定

左側の野原にコテージが立つ予定でそうです・・・

クリスマスまでに完成する予定そうですが・・・・
多分(絶対)難しいでしょう…

完成したら行ってみたいと思います。

ではまた