fc2ブログ

月額コースBusiness Communication のご紹介

リンゲージの月額コースでは様々なコースをご用意しております。
今回ご紹介させていただきますコースは
Business Communication
シリーズのご紹介をさせていただきます。

Business Communicationシリーズではレベル別に
1~5段階に分かれております。

受講生様のレベルに合わせて細分化されたシリーズとなっております。
レベル別の中でもBusiness Communication1、2のビギナー向けのレッスン内容となっており
英会話が初めてという方でも非常に取り組みやすく、親しみやすい内容となっております。
Business Communication1は身近な話題についての内容なので
馴染みやすく初級者がまず始めるレッスンとしてはうってつけとなっております。

Business Communication2はビジネス英語の初級者レベルとなっており、
必要最低限のビジネス英語を簡潔にまとめられていて、
短い文章で自分の意志を伝えられるようにレッスンが組まれています。

どちらも初級者向けでできる限り簡潔な内容で英会話の入り口として設計されております。
ご紹介させていただきましたBusiness Communicationは無料体験レッスンをご提供しております。
まずは無料体験からご受講いただき受講の判断をしていただくことをお勧めいたします。
無料体験レッスンはこちらをクリック!

皆様のご受講お待ちしております。
JUN

月額コースAuthentic Business Englishコースのご紹介

リンゲージの月額コースでは様々なコースをご用意しております。
今回ご紹介させていただきますコースは
Authentic Business Englishコース

月額コースの中でもプレゼンテーションに特化した内容のコースとなっております。
こんな方がぴったりこのコースに当てはまります。
会社内で英語のプレゼンがある、自分の意見を英語で求められる方。

ではこのコースではどのようなことをレッスンで行うのかご紹介させていただきます。
まずレッスン前に事前学習として1つのお題が与えられます。
自分の意見をまとめ、レッスン中講師に5分程度でプレゼンをしていただきます。
講師はオーディエンスとして、そのプレゼンについて内容質問や詳細などを行います。
一通りの質問を終えたら、講師からフィードバックを行います。
スピーチの内容はもちろんのこと、構成、スピーチのスピード、抑揚、自信をもってスピーチできていたか、質問への返し方、文法チェック、発音 etc、、、講師からフィードバックしあなたのプレゼン力を更なる高みへと導きます。

このレッスンはこれだけでは終わりません。
さらに講師からお題が与えられます。このお題は事前にわからないようにしています。
突如として与えられるお題に対して自分の意見をまとめ、講師の前で発表していただきます。
お題はビジネスシーンではよく遭遇するトピックとなります。
用意に与えられる時間はわずか2分。
このレッスンでは瞬発力と内容を簡潔に説明する要約力が鍛えられます。
用意していないお題を負荷の高い内容となっていて最初はなかなかうまく伝えられないかと思いますが、
レッスンを重ねていくと講師からのフィードバックを生かして徐々にスムーズに発話できるようになっていきます。
レッスンは全62回。62回のレッスンを達成したらプレゼンや自分の意見を伝える際に、自信をもって
発信できるようになっているかと思います。
ぜひこの機会にAuthentic Business Englishコースを受講していただければ幸いです。

ご紹介させていただきましたAuthentic Business Englishコースは無料体験レッスンをご提供しております。
まずは無料体験からご受講いただき受講の判断をしていただくことをお勧めいたします。
無料体験レッスンはこちらをクリック!

皆様のご受講お待ちしております。
JUN

ユニークなコース紹介(月額コース編)

今回はリンゲージスピークの月額コースにありますユニークなコースを紹介させていただきます。

リンゲージスピークでは様々なコースがあります。
その中で今回取り上げるコースはこちらになります。
TOEIC®(公式TOEIC®問題集使用)

何がユニークなのかと申しますと、TOEIC公式本を使用したレッスンを提供していることです。
TOEICを受験された方なら、この本がテスト本番前の演習にピッタリなのはご周知の通り。
公式本は一人黙々と時間を計って本番を想定して解いて、間違えた箇所の解答をチェックして、、、とういうような使い方が多いかと思います。多くの人は公式本を1人で消化して、公式本としての役目を終えているかと思います。

リンゲージスピークのTOEIC®コースはその公式本を使用してオンラインレッスンを提供しています。
フィリピン人講師とともに公式本を使って行うレッスンは、公式本を最大限活用する
新しいアプローチのアウトプットではないでしょうか。

では公式本を使ったレッスンの内容はどんなものなのか気になるかと思います。
リンゲージのTOEIC®のレッスン内容を少しだけご紹介!

リスニングセクション パート1の対策レッスン。
講師から写真を見て、描写説明を指示されます。
例えば横断歩道を歩いている人たちや車、信号機が写真に写っている場面を説明する場合、
パート1で回答になりそうなセンテンスを講師に説明していきます。
They're crossing the street.
I can see some vehicles on the street.
There are some traffic lights.
回答は完全文で答えるように講師から指示が与えられます。
また写真から想像を膨らませてどういう状況なのか、誰が取った写真か、どこで取られた写真か、など
一枚の写真から発展させたレッスンを行います。

次はTOEIC最難関であるパート7を使ったレッスン。
ただパート7の答え合わせをするわけではありません。
このレッスンではスキミング(概要理解)、スキャニング(情報を抜き出す)、ロールプレイ(疑似場面を想定)のエクササイズ
が用意されています。講師から文章のサマリーを求められます。また公式本の設問に使われなかった文章を使い、
講師から質問をされ文章から必要な情報を抜きだし回答します。
最後はパート7の文章を使ってあるシチュエーションが講師から与えられます。
それに従ってロールプレイを講師と行います。
公式本をディープに掘り下げていくリンゲージスピークの特徴あるレッスンとなっております。
もちろん他のパートのレッスンもありますのでご安心ください。

公式本の従来の使い方(解いて終わり)から発展させて、
オンラインレッスンで使用することによって得られる付加効果を実感いただけるコースとなっております。
是非体験レッスンからお試しいただければ幸いです。
ご検討の程よろしくお願いいたします。
無料体験はこちらから
https://www.linguage.jp/ls/member/business_trial/

JUN

記事の種類

訪問者数

全記事

全タイトルを表示

コメント

フィリピンの英雄のラプラプですね。
この前ウィキペディアでラプラプのことを知りました。

09/10 17:43 台湾人

ブログランキング