FC2ブログ

フィリピンのヒーローといえば○○(過去編)

こんにちは!YUです。

気付けばもう前回の投稿から1月半ほども経ちました。Time flies..

セブのコロナ情勢としては、9月より行動規制がMGCQ(Modified General Community Quarantine; 修正を加えた強化されたコミュニティ隔離措置)というレベルに引き下げられました!ついにニュー・ノーマルに?と思っていたのですが、事業を再開できる業種が増えた程度で外出規制も相変わらず。生活で大きく体感する違いは店内飲食の解禁。しかしフィリピン人の足であるジプニー(バス)は全く見ないので、規制があるのか要件をクリアできるジプニーが無いのか。とにかく規制緩和の先には”波”がつきもの。更に気を引き締めて生活しないと。。

そこでもし国内でワクチンが開発されたら、もうその人はヒーローですよね!実際にフィリピンではコロナウイルスのワクチン開発の成功報酬(1千万ペソ)を提示して活性化を図りましたが、残念ながら外国産に頼ることになりそうです。

前置きが少し長くなりましたが、お察しのように”ヒーロー”に繋げたかったのです(笑)
このヒーローですが、実はフィリピンの文化を知る上でも重要なんですね。フィリピンの祝日でも、偉人の名前にちなんだり”National Heroes' Day”なんていうのもあります。”Rizal Day”だと誰だか分かりますか?そう、あのホセ・リサールさんです!(誰?)
博物館では必ずと言って良いほどこの方を見ます。イケメンです。なぜか東京の日比谷公園に銅像があるようです。
800px-Jose_rizal_01.jpg
偉人に失礼なことを言ってしまいましたが、国民的ヒーローとなるほど何がすごいのか、フィリピンの独立の歴史と共に分かりやす~く紹介しましょう!フィリピンを知る上でとても大切な部分だと思っています。

16世紀(1500年代)から。社会の教科書にも登場したのではないでしょうか、探検家のフェルディナンド・マゼランさん。マゼラン海峡のあのマゼランさんです。突然(?)スペインからセブ島にやってきます。
Ferdinand_Magellan.jpg
キリスト教徒であるマゼランさんは、セブの女王様にサント・ニーニョ像というキリスト様の人形をプレゼントするなど、熱心にキリスト教をセブで布教し始めます。これがフィリピンにおけるキリスト教の始まりと言われています。セブ観光名所のマゼラン・クロスもこのマゼランさん由来です。

ただ布教活動の度が過ぎたためかセブの人々から反感を買ってしまい、ラプ=ラプというリーダー的存在の人がマゼランさんとその御一行様をやっつけてしまいます。セブのマクタン島にあるラプ=ラプ市の由来はこの英雄(?)ラプ=ラプさんなんですね!
800px-Lapu_-_lapu_Statue_in_Cebu,_Philippines
[出典] Wikipedia/ “Lapu - lapu Statue in Cebu, Philippines.jpg” by Alpapito is licensed under CC BY-SA 3.0

しかし16世紀の後半にまた別の人がやってきてスペインの植民地となってしまい、その時代が長らく続きます。

時は流れて19世紀、ついにあの人が動きます。そう、ホセ・リサールさんです!ヨーロッパ留学、博士、学者、医者、そして革命家と、様々な肩書をお持ちの方です。植民地支配していたスペインのやり方に疑問を持ったのか、思想本を出版したりと”自由”を求めた革命運動のプロパガンダ(宣伝活動)となります。しかしそれがスペインの目に留まってしまい、やられてしまいます。それがRizal Dayです。

そして19世紀末、アメリカが戦争を始めてフィリピンはアメリカの植民地に。アメリカによる英語などの教育がスタートします。だからフィリピンは基本的にアメリカ英語なんですね。

さてここで日本が登場します。第2次世界大戦において、日本はアメリカからフィリピンを奪うかたちで占領します。とある歴史博物館ではこの時代を”dark period”と紹介していたのを覚えています。

そのあと日本は第二次世界大戦に敗れた(1945年)ためフィリピンは再びアメリカのもとに戻り、翌年(1946年)にフィリピンはついに独立を果たして今日に至るというわけです。
1920px-Flag_of_the_Philippines.png
私の説明が分かり易かったか自信がありませんが、全体の流れはこうなります。
ホセ・リサールさんの自由主義が、結果としてフィリピンの独立に繋がりました。独立をリサールさんが望んでいたのかは分かりません。しかし、今のフィリピンがあるのはリサールさんのおかげと言っても間違いではないと思います。ちなみにRizal Lawという法律でリサールさんの著書2冊を学校で必ず学ぶことになっています。

このような歴史の流れから、アメリカはフィリピンをスペインから開放し、”友愛的同化”の名の下で教育などを行い、最後は日本の支配から救ったという、アメリカの当時の実態はさておき、全体的に好印象があるようです。

このフィリピンと日本の歴史を知ったあと、私はこう思いました。どうしてフィリピン人は日本がこんなに好きなんだろう?なんだか日本人には特に優しいなぁ。もちろん職場以外でです。

一度、あるフィリピン人に聞いたことがあります。

私「日本は昔はフィリピンにひどいことをしたようだけど、嫌わないの?」

あるフィリピン人「私は全く気にしないよ。だってそれ、ずっと昔のことでしょ?」


野暮な質問でしたね。大切なのは今。彼らの生き方がまさにそれを体現しているように思います。フィリピン国旗の意味も含めて。

-YU-

紹介します!この講師はこんな人!?

皆さんこんにちは!

これからはじめて受講される方も既にお気に入りの講師がいる方も、
当社の講師を知ってもらうことで自分に合う講師に出会って欲しい。
そんな願いから、講師たちに焦点を当てて紹介していくコーナーです!

今日ご紹介するのは、中高生向けのクラス(以下、HS)を中心に教えているMiao講師。
早速、自己紹介文を見てみましょう!

Miao Linguage



こんにちは。リンゲージスピーク、HS部門に所属のMiaoと申します。

★講師の道を選んだことについて

私が幼い頃は、ジャーナリストになってペンを握り、記事を書くのが夢でした。

その後、人生経験を積むにつれて私の興味は変わっていき、教員/講師の道を目指すようになっていました。大学では教育学部に入り、念願の教員免許の試験に合格。そのまま、「講師になるのが運命」だと信じて、その道を突き進みました。

すると目の前には素晴らしい景色が広がっていました。リンゲージでの仕事を通じて、様々な分野に興味を持つ人たちと出会い、視野が広がっていくのが分かりました。

私にとって「教える」行為は、単なる教えるプロとして職務を全うするだけのものではなく、情熱と熱意をもって「学べる」機会でもあります。

新しい発見や何かを学ぶという行為は素晴らしいものです。レッスンを通じて、皆さんにも同じように発見や学びの素晴らしさを一緒に感じてもらえたら、講師冥利に尽きます。

★好きな言葉、名言について

私は本を読むのが好きで、今日はその中でも心に残ったお気に入りの一節を紹介します。

「たいせつなことは、目に見えない」

ご存知の方も多いかもしれませんが、「星の王子さま」に登場する一節です。

多くの場合、私たちはお金や所持品のように、実際に見たり、触ったり、支配したりできるものに強い関心があります。しかし、目に見えないものはどうですか?それらも重要ではありませんか?愛、喜び、平和、優しさ、善良さ、優しさ、忠実さ、自制心、その他多数!

私たちはそれらに手で直接触れたりすることはできません。しかし私たちは人生を通じて、目に見えないこれらの心に触れるために日々努力してるとも言えるのではないでしょうか。

「たいせつなことは、目に見えない」という一節を深く理解しようとするうちに、私は、健康で暮らせることの尊さと、たとえ財産を失い身ひとつになろうともうろたえない内面の強さを知りました。精神的にも感情的にも健全であることが、本当の財産だと思います。どこへ行っても何をしてても自分のもとに置いておける価値あるものだからです。

「内側から健康になり、外側を輝かせましょう!」これが私のモットーです ^ _ ^

★お気に入りの場所

街で生活していると、ふと、私の生まれ故郷であるカモテス島での思い出が蘇ることがあります。

そこには何もかもがあり、大切な思い出が詰まった特別な場所!ビーチ、洞窟、美しい人々、楽しい性格の人々、生き生きとした雰囲気、正にパーフェクトなんです。

忙しい街の中での生活に、時々プレッシャーを感じることもあります。そういうとき、帰省が自分の心をリセットするための大事な場所になっています。

街の喧騒から離れ、穏やかな波風を感じ、ただぼーっと海を眺めてリラックス。世界はいつ見ても美しく、「発見することがまだまだ沢山ある」と感じます。皆さんはどうですか?故郷が恋しくないですか?ときには忙しさから少し離れ、世界がどれほど美しいかをこの目で確かめる必要があると思います!

★Miao講師からのメッセージ

英語学習はさながら移動遊園地(カーニバル)?

英語学習は難しい挑戦かもしれませんが、単なる課題ではありません。目の前の困難は可能性を最大限に引き出すチャンスということも忘れないでください!困難を受け入れ、最善を尽くし、努力の「種」を植え続けましょう。続けていれば、あるとき思わぬ収穫を得ることができるのです。種蒔きして、しっかり育てなければ、収穫はありません。一生懸命やれば必ず成功するので、諦めず頑張ってくださいね!

最初に述べた通り、英語学習は遊園地の乗り物のようで、一度軌道に乗れば楽しいものになるはずです。私が皆さんに英語を教えることを楽しんでいるのと同じくらい、皆さんにもレッスンを楽しんでもらいたいと思っています。 ^ _ ^

Miao All (1)

いかがでしたか?Miao講師の仕事に向き合う姿勢や彼女が大切にしている価値観が伝わってくる自己紹介文でしたね!
「星の王子さま」の本は子供の頃少し触れた記憶がありますが、大人になった今、ゆっくり手にとってみたくなりました。 -NORI

英会話をスタートして初めて気付いたこと(スピーキング編①)

こんにちは!YUです。

前回の自分の投稿はいつだったか・・と調べてみると、何と丸2ヶ月前のことでした!(驚
つまりは2ヶ月間、ブログでご紹介するような出来事がなかったということですね。確かに3月末から現在まで強化されたコミュニティ検疫措置(Enhanced Community Quarantine; ECQ)が続いており※1スーパーマーケットへの生活用品の買出しくらいしか行動範囲がないためでしょう。
※1: 現在は7/16から続くMECQ(Modified Enhanced Community Quarantine; MECQ)の中ですが実態としてはECQと特に変わりはありません。

ということで何か書けることはないだろうかと少し思いを巡らせたところ


整いました!(ととのいました!)


私の経験から英語をコミュニケーションツールとして使い始めてから気付いたポイントを“スピーキング編①”と称してご紹介したいと思います!
※ただ前提として私は英語のプロではありませんので、基本的には正しいですが、詳しくはご自身でお調べください。


スピーキング編①

1. -ing の発音を完全に間違っていた!

現在進行系を表す際などで使う -ing (例: speaking、be going to)の発音。私、完全に間違えて話しておりました!
4ヶ月ほど語学学校で学んだことがあるにも関わらず指摘されたのはほんの昨年、このリンゲージスピークのSanti講師(現在は自宅待機中)のレッスンでのこと。中学の頃から習ったそれが間違っていたという衝撃を覚えています。意識して話すことで今は矯正できました。

-ing をIPA発音記号で表すと /ɪ ŋ/ です。私はずっと「イング」と言ってきましたがこれは完全に間違い、 /ŋ/ は「ング」では全くないんですね!
-ing の音をカタカナで表すとすれば「イン"(濁点)」でしょうか。肝である「ン"(濁点)」ですが、舌の位置は日本語の「ン」と同じ(舌の付け根を上に当てる)、鼻をより振動させて音を出します。舌で塞がれるため口から声は出ないはずです。
※発音記号にはIPA(Alphabet phonétique international)以外に、辞書独自の発音記号があります。発音記号を勉強される際はIPA、辞書もIPAを用いているものをお勧めします。


2. イントネーションが重要だった!

私がいつも言われるのが「YUの英語はフラット過ぎて聞き取りづらいからIntonation(イントネーション)を意識しないとダメだよ!」要は抑揚(強弱)の付け方が足りないようです。
基本として主語・動詞・目的語に強がきますね。例えば “He is going to buy the car.” だと“強弱弱弱強弱強”という感じのイントネーションになります。リズムも生まれますね。

ただここで言いたいのはこんな細かい話ではなく「英語を伝える際にイントネーションはとても大切」ということです。
外国人が英語で話しているのを見ると「リアクションが大きいな」「大げさだな」なんて思うことはないでしょうか。どうやらこれは日本語と英語文化の違いとしてあるようです。日本人が英語を話す際は“大げさを意識する”くらいが丁度良いのではないでしょうか。
個人的にオススメの練習としては、例えばYoutubeでアメリカのニュース番組のキャスターを真似て読み上げた自分の声を録音し、実際のキャスターと聴き比べてみましょう。想像よりも自分の声がフラットになっていることに気付くのではないでしょうか。


と今日はここまでで、次は“スピーキング編②”でお会いしましょう!See you soon!

-YU-

記事の種類

訪問者数

全記事

全タイトルを表示

コメント

フィリピンの英雄のラプラプですね。
この前ウィキペディアでラプラプのことを知りました。

09/10 17:43 台湾人

ブログランキング